メリット

硬水ウォーターサーバー

硬水と聞いてもピンとこない人も多いでしょうが、私たちが普段口にしている生活用水には軟水と硬水があり、硬水とはカルシウムとマグネシウムイオンが多く含まれている水のことです。
日本では生活用水のほとんどが軟水のため、日本で販売されているウォーターサーバーのお水も軟水となっています。
ここでは硬水のメリットやデメリットについて紹介していきます。

ウォーターサーバーに使用されているミネラルウォーターや天然水は硬水と軟水に分けられていて、その分類はその中に含まれるミネラル分の量によって決まります。
どれだけミネラル分が含まれているのかを硬度(mg/L)で表していて、硬度が0~60mg/L未満が軟水、60以上~120mg/L未満が中程度の硬水、120以上~180mg/L未満が硬水、180mg/L以上を超硬水と分けられます。
硬水と軟水は、飲み心地の他にもいろいろな違いがあるので、ウォーターサーバーに使用するお水や、市販のミネラルウォーターや天然水を購入する前には、その違いを理解しておくことをおすすめします。
日本国内のお水の硬度は、採水場所によって違いがありますが、全国平均で50~60 mg/Lです。
天然水として市販されているものの中には、80 mg/Lを超えているものもありますが、それでも分類は中程度の硬水です。
ヨーロッパやアメリカなどの外国で採取されるお水には硬水が多く、輸入品のペットボトルのお水を飲んだ時に、普段と違う口当たりを感じた経験をお持ちも方も多いでしょう。
硬水には腸内に溜まった便を柔らかくする効果があり、便利解消効果があります。
便秘はニキビなどの肌トラブルの原因になり、さらに硬水に多く含まれるマグネシウムには体内酵素を活性化させる働きがあり、血流を安定させて体内の各器官を活発にする効果があります。
さらに硬水にはカルシウムが多量に含まれていることから、丈夫な骨の形成を促進する効果も期待できます。
硬水のデメリットとしては、お腹がゆるくなり下痢を引き起こすこともあります。
マグネシウムイオンは体内に吸収されにくく、大腸に長時間留まりお水の吸収を阻害するのがその原因です。
特に赤ちゃんなどの小さな子供には、硬水は危険です。
そのためウォーターサーバーを選ぶ時には、小さな子供がいる場合は硬水を避けて下さい。

このように硬水には美容や健康に大きなメリットがありますが、その反面赤ちゃんなどの小さな子供にも害を及ぼすこともあるので、その点に注意してウォーターサーバーを選んで下さい。