メリット

ミネラルウォーターとサーバーの比較

これまでは平気で水道の水を飲んできた私たち日本人も、近年水の安全性が関心を集めるようになり、多くの人たちが水道水に代わり、ミネラルウォーターを購入するようになっています。
ミネラルウォーターを飲むためには、コンビニやスーパーなどで販売されているペットボトを購入する人がほとんどですが、最近ではミネラルウォーターを飲むためにウォーターサーバーを導入する家庭も多くなりました。
ペットボトルとウォーターサーバーではどのような違いがあるのでしょうか。

これまではウォーターサーバーは一般的なものではなく、ほとんどはオフィスや病院や公共施設など、人が多く集まる場所で利用されるものとして認識されていました。
しかし最近では家庭向けに販売されるようになり、それを導入する人が増えてはいますが、まだまだ全体的に見ると、その導入率は低い状態です。
ウォーターサーバーにしない家庭にその理由を聞いてみると、幅を取るので設置場所がないという意見もありますが、ほとんどは欲しいけれども値段が高いから、という声が圧倒的に多いことが分かります。
しかし最近ではサーバーを無料で提供してくれる会社も増えていて、ミネラルウォーター自体の値段も相当安くなっていて、場合によってはコンビニやスーパーなどで購入するよりも料金的にも安いものもあります。
例えば1リットルあたりのミネラルウォーターの値段で比較しても、ウォーターサーバーを提供しているA社の場合は約85円で、コンビニやスーパーで販売されているペットボトルの値段と比べても大差はないばかりか、販売先によってはかなり安い値段で購入できることが分かります。
確かに安く手に入れようと思えば、2リットルのペットボトルを安売りのお店で購入すれば、ウォーターサーバーのミネラルウォーターの方が高いことは間違いありませんが、利便性も含めて考えれば、ウォーターサーバーの方がペットボトルよりも良い面はたくさんあります。
いつでも温水や冷水を飲める、重いペットボトルを運ばなくてもいいのは、サーバーの大きなメリットです。

このようにペットボトルは確かに料金的には安いという大きな魅力がありますが、ウォーターサーバーにもそれを上回るメリットがあります。