メリット

床置きタイプのウォーターサーバー

最近ではスペースを取らなくても設置可能な卓上タイプのウォーターサーバーも各社から発売されています。
家が狭くてもサーバーを設置できるようにと、今ではほとんどの会社で床置きタイプと卓上タイプを両方揃えて選べるようにしていますが、ここでは床置きタイプのウォーターサーバーの特徴について探っていきます。

ウォーターサーバーと言えば、床置きタイプを想像する人がほとんどでしょう。
床置きタイプは一般的なスタイルであり、世界中で最もオーソドックスなウォーターサーバーです。
サーバー本体の背が高いのが特徴で、一般的には最上部に水を取り付けて使用されます。
ほとんどの会社では床置きタイプを取り扱っていて、その分選択肢も広がります。
最近ではデザインにこだわったサーバーが多くなり、インテリアとして自宅や会社に導入する人も増えているようです。
スタイリッシュにデザインにできるのも床置きタイプで、デザインしやすいという特徴もあります。
床置きタイプのウォーターサーバーのメリットは、セットできる水の量が多いことです。
どうしても卓上タイプのコンパクトなサーバーだと、一度にセット可能な水の量が少なくなるため、頻繁にボトルの交換をしなくていけないデメリットがあります。
もちろん水の量を多くセットできる分、本体も大きく場所を取るデメリットもありますが、最近では細身なデザインのものも多く、ボトルもパック式など幅を取らなくなっているものもあり、デメリットをカバーしているものも増えています。
床置きタイプのウォーターサーバーのデメリットは、背が高い分ボトルを高い位置まで持ち上げなければいけないところです。
特に女性にはとても大変な作業です。
しかしこの点においても、最近ではサーバーの下の部分にボトルやパックをセットできるように開発した商品も出回っているため、力のない人はそのようなサーバーを選ぶといいでしょう。

このように床置き式は最もオーソドックスなタイプのウォーターサーバーで、一度に多くの水をセットできるなどのメリットがあり、その分場所を取るなどのデメリットもありますが、最近では床置き式のデメリットを解消したサーバーも開発されています。