メリット

ウォーターサーバーの利点

最近どんどん一般家庭に導入が進んでいるウォーターサーバーですが、なぜ今これほどまでに需要が高まっているのでしょうか?
ここではウォーターサーバーの利点についていろいろ紹介していきます。

2011年3月11日の東日本大震災以降、万一の時の備えとしてウォーターサーバーを導入する家庭が増加しました。
震災直後、コンビニやスーパーなどから一時的にミネラルウォーターがなくなり、さらに水道もストップする中で、辛い想いをした経験をした方もかなり多いことでしょう。
ご存知の通りにウォーターサーバーは、9リットルや12リットルなどの大きな専用ボトルに水を貯蓄でき、さらに常時数本のストックをすることで、万一の時でも水を欠かす心配がいらなくなります。
ウォーターサーバーを導入すれば、当然水を飲めば飲むだけお金はかかりますが、大抵の会社は無料でいつでも自宅まで配達してくれます。
これまで重いペットボトルを運んでいて手間もなくなり、空になったボトルは業者さんが回収してくれます。
最近では大きなボトルを簡単に折り畳んで、そのままゴミに捨てられるワンウェイボトルというタイプのボトルも登場していて、ますます便利になっています。
さらにウォーターサーバーには冷水機能と温水機能がついているため、スイッチひとつでいつでも温かいお湯でも冷水でも飲むことができます。
したがってウォーターサーバーを家庭に導入すれば、わざわざお湯を沸かす必要もなくなり、ポットも必要なくなります。
赤ちゃんができたことが、ウォーターサーバーを導入するきっかけになったという人も多いようです。
妊娠中は重いペットボトルを運ぶことは危険で、さらに赤ちゃんが生まれれば、粉ミルクを素早くつくれる大きなメリットがあります。
もちろんいつでも安全で美味しい水が飲めるのも、ウォーターサーバーの大きなメリットです。

このようにウォーターサーバーを家庭に導入することにより、毎日安全な美味しい水が飲める他にもいろいろなメリットがあります。